アメリカ留学するとわかる日本のいいところ5つ!

Life

こんにちは!One More Jump!のあつやです。

英語が好きで、大学時代にアメリカで1年間の留学に挑戦しました!いまは東京でサラリーマンとして毎日を過ごしています。

アメリカ留学を経験してアメリカのことが大好きになったのはもちろんなんですが、それと同時におもったのが、

あつや
やっぱり日本っていい国だな~

ということです!

日本にずっと住んでいると日本っていい国だよな~とか考えることは少ないですよね。でも日本の外に一歩出てみると、日本の良さがたくさん見えてきます。

今回はアメリカ留学をしてみてわかった日本のいいところを5つほど紹介していきます!

食べ物がほんとうに美味しい!

まずひとつめは『食べ物がほんとうに美味しい』ということです!

これは日本でずっと暮らしていたから、日本の味が一番おいしいと感じるようになってしまっているのもありますが、日本の料理はほんとうにおいしいです。

日本料理だけでなく、日本で食べられるイタリアン、中華料理、アメリカ料理。そのどれもすべてが高いクオリティを誇っています。

そしてただ美味しいだけではなくて『安くて美味しい』のがポイントです。

もし日本で1200円くらいで味わえる美味しいスパゲティーをアメリカで食べようものなら軽く2000円以上はします。

もちろんアメリカの料理も美味しいものもありましたが、日本の美味しい料理が恋しすぎて、日本に帰国したくなった日もありました(笑)

あつや
美味しいものを食べれる幸せって大切だよね!

治安が比較的いい

普段あまり意識しないかもしれませんが日本は治安のいい国です。

夜道を女性一人で歩けたり子どもが一人で電車に乗って通学できたりするのは、日本の治安が比較的にいいからです。

アメリカ人は日本に来ると、「あの子ども一人で電車乗ってるけど大丈夫なの??」と心配になってしまうそうです。

それもそのはずでアメリカでは誘拐などが多発していて、地震アラームならぬ『児童誘拐アラーム(アンバーアラーム)』があります(アメリカの田舎だけかもしれません)。

子どもの誘拐が起きると誘拐の目撃情報が携帯に届きアラームが鳴り響くのです。はじめて鳴ったときは、「え!?地震か!!?」と勘違いしてしまいました。そしてそのアラームは1か月に何回も鳴るときもありました。

実は日本では年間300件くらい誘拐が起きています。その一方アメリカでは年間何万件という数の誘拐が起きているという情報もあります。本当に怖いですね。

夜に女性が一人で歩けるのも、日本のいいところだとおもいます(もちろん危ないところ以外で!)。アメリカに留学したとき、都市には浮浪者や薬漬けになってしまっている人がウロウロしているところもあり一人で夜の道を歩くのが怖いとはじめて感じました

あつや
日本は治安がいいとはいえ絶対安全とは言えないので、僕たち大人がちゃんと子どもたちや女性たちの安全を見守ってあげることが必要だとおもいます。

街がきれいで清潔感がある

これは東京とニューヨークの比較ですが、東京の街はきれいです。

東京の方が歩道や車道がきちんと整備されていたり、交通網も整っています。ニューヨークの道はボコボコしていたり、歩きにくいところも多々あります。

また、ニューヨークがゴミで溢れかえっているというわけではありませんが、東京の方がゴミが少ないようにおもいました。街全体の雰囲気も、東京の方が明るいです。

あつや
街を整備してくれている方、清掃活動やごみ収集を頑張ってくれている方々に本当にありがとうございます!

サービスの質が高い

日本は全体的にサービスの質が高いです。

日本で暮らしていると日本のサービスの質が当たり前だとおもってしまいますが、僕たちはすごい贅沢なサービスの質を享受しています

店員さんがきちんと挨拶してくれたり、 丁寧に接客してくれたり 、素早く商品を提供してくれたりするのはサービスの質が高いということですね。

アメリカでは普通のお店はサービスの質がそれなりか低いところが多いです。もし高い質のサービスが受けたければ高級店など、従業員に対して高い報酬が支払われているところに行かなければなりません。

それに対して日本では高級店だけではなく普通のお店でも質の高いサービが受けられます。

あつや
サービスを受ける側はとても嬉しいですが、働く側になったときはちょっと大変ですよね(笑)

文化が多様でおもしろい!

日本は歴史が長い国です。古くから人々が文化を作り上げていたため、色々な文化が混じりあって残っています。

よく海外からはアニメや歌舞伎、侍とか忍者が評価されていますよね。古い文化と新しい文化が一緒に残っているので、海外の人もすごいなと思うようです。

日本はいろんな国から文化を吸収して独自の文化を作り上げてきました。その多様性に富んだ文化を味わえるのも日本の良さだとおもいます。

あつや
日本は画一的だと言われることもありますが、ちゃんと多様性を持っているとおもいます!

おわりに

日本に住んでいると日本のいいところではなく、悪いところばかり目についてしまうことがあります。

日本の同調圧力が嫌だったり閉塞感などを感じて、アメリカなど自由を代表する国に憧れをもつ人も少なくありません。僕もアメリカ留学する前は、同じように感じていました。

でもアメリカ留学にいって見えたのは「日本っていい国だな。」ということです。

もちろんアメリカもいい国で大好きになりますが、それと同時に自分の母国である日本の良さを再発見できるとおもいます。

これから留学に行ってみたい、日本を飛び出してみたいと思う方は、ぜひ一度アメリカから日本を眺めてみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ではよい一日をお過ごしください☆