TOEICスコアが高いのに英語を喋れないのはなぜ?

English

こんにちは! One More Jump!のあつや です。

英語が好きで大学時代にアメリカで1年間留学を経験しました。現在はTOEIC800点台で、ネイティブと英語で日常会話ができます。

いまでこそネイティブの人と英語で会話できるようになったものの、以前僕はそんなに英語が喋れませんでした。

TOEIC600~700点くらいのとき、友達から英語喋ってよと言われても、全然喋れなくて恥ずかしい思いをしていました(笑)英語のスコアが高いから外国人に接する仕事に回されたのに、全然喋れなくて仕事にならなかった経験もしました。

みなさんのなかにも「TOEICのスコアは結構高いのにいざ喋るとなると自信がない」という人が多いんじゃないかなとおもいます。

なぜTOEICスコアが高いのに英語が話せないんでしょうか?

TOEIC高いのに英語が話せなかった→TOEICも高いし英語もちゃんと話せるようになった自身の経験から、その理由を考えてみました!

TOEIC R&Lのスコアはどれだけインプットできたかをみる指標

TOEICのスコアが高いのに、英語が喋れない人が多いのはとても明確な理由があります。

それは世間一般で言われるTOEICのスコアは英語をどれだけ話せるかではなく、どれだけTOEICに出てくる英語の知識を持っているかにフォーカスしているからです。

多くの人がが知っているTOEICのスコアはTOEIC L&Rというスコアで、リスニングとリーディングのスコアです。

このTOEIC L&Rのスコアはどれだけ英語を聴き取れるのか、どれだけ英語の知識を知っていて読めるのかといったことを測っています。

つまり、どれだけそのTOEICに出てくる英語をインプットできていますか?ということを試験で測るわけです。

現在ではこのTOEIC R&Lに加えてTOEIC S&Wというスピーキングとライティングのアウトプットにフォーカスした試験もありますが、いまだ世間一般に認知されているのはTOEIC L&Rのテストです。

なので、TOEICが高い人はTOEICに出てくるたくさんの英語をインプットできている人ということになります。

英語が喋れるのはアウトプットができるということ

TOEIC L&Rのスコアはどれだけ英語をインプットできたかをみています。

一方で英語が喋れるというのは、インプットしたことをどれだけアウトプットできるかということです。

つまり英語を話せたり書ける人は、インプットした英語を使ってアウトプットまでできる人ということですね。

なのでTOEICのスコアが高いのに英語が話せないのは、このアウトプットまでができていないからなんです!

水泳選手に例えると、たくさん泳ぎ方や早く泳ぐ方法を本で勉強して知っているのに、実際にプールに入って泳ぐ練習をしないから、全然泳げない人になってしまっているんですね!(我ながらいい例えができました(笑))

ちゃんと泳げるようになるには、プールに入ってたくさん泳ぎの練習をするしかありません。それと同じように、英語を喋れるようになるには喋る練習をたくさんしないといけないんですね。

どんどん英語をアウトプットしよう!

なぜTOEICのスコアが高いのに英語が喋れないのかという謎が解けました。

ではTOEICのスコアも高いし、ちゃんと英語が話せるようになるにはどうすればいいんでしょうか?

答えはもうおわかりのように、『英語をアウトプットする』です。

インプットしたことを、身につけるためにアウトプットの練習をたくさんする。これがTOEICのスコアも高いし英語を喋れるようになるための最強の方法です。

アウトプットの練習にはいくつか方法があります。オンライン英会話や英会話カフェにいって英語をたくさん話すのもとても有効です。シャドーイングやオーバーラッピング、独り言、英語日記と、相手を必要としない練習法もたくさんあります。

僕がまず最初におすすめしているのは、英語の発音を練習することです。英語の発音の練習は、アウトプットの土台となって学習効率を高めてくれます。またアウトプットだけでなくインプットにもとても良い効果があるので、気になる方は発音についての記事をぜひチェックしてみてください!

おわりに

ここまでTOEICが高いのに英語が喋れない理由と、英語を喋れるようになるために大切なことを解説してきました。

現在はまだTOEIC L&Rが主流ですが、今後はTOEIC S&Wのスコアもどんどん重要視されていくとおもいます。

これを読んでくれているみなさんはきっとインプットはとてもよくできているけど、アウトプットまでがなかなかできていないという方が多いとおもいます。

なので、もし英語を喋れるようにもなりたい!という方は、なるべくアウトプットの割合を増やして英語の学習を続けてみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ではよい一日をお過ごしください☆