英語の勉強は何から始めればいいの?→A.『発音』です。

English

こんにちは! One More Jump!のあつや と申します!

英語が好きで、大学時代にアメリカ留学を経験しました。現在はTOEIC840点で、ネイティブスピーカーと英語で話せます。

今回のテーマは『英語の勉強はまず何から始めればいいの?』ということです。

英語の勉強をはじめよう!とおもったとき、「何から手をつければいいかわからない!」ってなりますよね。

多くの人はとりあえず英単語帳や文法書を買ってみて勉強し始めます。でも、あんまり成果が見えなくて、モチベーションもそんなに続かないし、一生懸命勉強する時間もないしで、途中で英語学習をやめてしまう人もたくさんいるとおもいます。

なので今回は、『英語が上手くなりたいけど、何から始めればいいかわからない!』『英語の勉強始めたけど、机に向かって英語勉強するのが続かない!』という方に、まずこれから手をつけると英語学習がスムーズになるというものがあるのでご紹介します!

英語学習初心者はまず『発音』を極めろ!

ずばり、まず最初にやるべき英語の学習は、

『発音』です!

なぜ『発音』なのかというと、『発音』はネイティブの人たちが最初に身につける英語スキルだからです。

『発音』というと僕たち日本人がもっとも敬遠している分野だとおもいます。人前で自分の上手でもない『発音』で英語を話すのは、とても恥ずかしいことだとおもっちゃいますからね。

でもこの『発音』こそが最初に越えなければいけない壁なんです。この壁を乗り越えると、とても楽しい英語学習の道が開けていきます。

ネイティブは『音』を頼りにする

なぜ『発音』が大切なのかを説明するために、少しネイティブ英語の獲得法を考えてみましょう!ネイティブの人たちがどうやって英語を話せるようになっていくのかを見てみると、面白いことがわかります。

ネイティブの赤ちゃんは最初は英語を話せません。生まれてからしばらく経って、お母さんが「Say Mom」といって、赤ちゃんはそれを「○×△」と真似しはじめます。でも最初は言えないので、何回も何回もおかあさんの真似をして、やっと「Mom」ということができるようになります。

このとき赤ちゃんがわかっているのは、「Mom」という『音』とそれをどうやってそれを『発音』すればいいかです。

ネイティブの赤ちゃんは『文字』を知りません。文字を知らなくても『音』をたよりに英語をちょっとずつ覚えていくんですね。

言語はどこの国も同じで、最初に『音』があり、次に『文字』がきます。なので、英語学習を始めるときはまず『音』を味方につけるために、『発音』を練習するのが大切になります!!

『発音』は英語上達への基礎

次に話したいのは、『発音』は英語上達への基礎、つまり土台ということです。

『発音』が上手くできれば、リスニング力がぐんぐん上がります。つまり『発音』はリスニングの土台になってくれるんです!

なぜ『発音』が上手くなるとリスニングが上達するかというと、正しい『音』が体で理解できるようになるからです。自分の口で『正しい音』を発音すると、正しい音は、自分の耳と脳に届きます。そしてそれを耳と脳が覚えてくれるんです。

逆に『間違った音』を発音していると、その間違った音を耳と脳がインプットします。これを繰り返していると、怖いことが起こります。『正しい音』が聞き取りにくくなるんです。なぜなら脳や耳は聞きなれた音を好むからです。

そのため『正しい音』を聞き取れるようになるためにも、正しい『発音』をみにつけることが必要になるんですね。

またリスニングだけではなく、もちろんスピーキングの上達にも『発音』は欠かすことができません。

発音が上手いと、人前で堂々と英語を話せるのでスピーキングの練習がたくさんできて、もっともっと上手くなるという好循環ができます。英語は話さないと話せるようになりませんね。

多くの人が英語を話したくないのは、自分の発音に自信がないからです。僕も昔は発音が下手で、ほかの人にかっこ悪いと思われているんじゃないかとおもって、英語を堂々としゃべれませんでした(笑)

でもこれはとってももったいないことです。まずは発音が下手でもいいから喋る。下手だとわかったら、独りのときに修正して、また少しだけ上手くなった発音で話す。そしてまだ下手だなとおもったら、また修正して…。これを繰り返せば、必ず発音が上達していきます。

そのうち周りが英語うまいね!と褒めてくれるようになればこっちのものです!もう英語を話すのに臆することはありません。英語力はどんどん上がること間違いなしの好循環が生まれます。

どうやって『発音』を直せばいい?

ここまでなぜ最初に『発音』を学ぶべきなのかを話してきました。

では『発音』はどうやって直せばいいかというと、ポイントは5つあります。

  • ネイティブの正しい発音をじっくり聴く
  • ネイティブの口元に注目!
  • 口の中の動きを理解する
  • なるべく大きく口を動かして発音する
  • 録音して自分の発音をチェックする

発音を直すためには、まず正しい音を聞く必要があります。なのでステップとしては、①まずは正しい音をインプットする→②口の動きを理解する→③実際に発音してみる→④録音して発音をチェックする→⑤ ①~④を繰り返す。となります。

詳しい説明は他の記事に書いたのでリンクを貼っておきます!⇓

発音を制する者は英語を制す

ここまで、英語の勉強をはじめるときまずは『発音』を学ぶのがなぜ大切かを説明してきました。

最後にお伝えしたいのは、発音をしっかりとできるようになれば、英語学習はほんとに楽しいということです!

「好きこそものの上手なれ。」とよく言いますが、英語は好きになってこそ上達できるとおもいます。発音がきちんとできる人は日本ではあまり多くないので、発音がきれいだと、文法が多少間違ってても英語が上手い人と褒められます!

やっぱり褒められると誰だって嬉しいですよね(笑)嬉しい、楽しいとおもえれば、英語学習はとても続けやすくなります。継続することは英語学習で一番大切なことなので、学んでいて嬉しいとおもえるのはすごい良いことだとおもいます!

英語学習を始めようとおもっている方や、始めたばかりで何をすればいいのかイマイチわかっていない方は、ぜひ発音から勉強を始めてみてくださいね!

では今日もよい一日をお過ごしください☆