英語の発音を上達させるコツ!一人で簡単に実践できる5つのポイント

English

こんにちは! One More Jump!のあつや です。

街中で英語をかっこよく話せている日本人を見ると、

「ああ、あんな風に喋れるようになりたいな。」

と思うときがあるとおもいます。

僕もずっと憧れを抱きながら、発音の練習を続けてきました。

そして最近になってネイティブの友達に、「アツの発音はすごい上手くなったよ。特にRとLの発音がいい。」と言ってもらえるようになりました!

多くの日本人が英語を使えるようになってきた反面、まだまだ英語の発音に対して難しいイメージを持っていて、「話すことに自信がもてない。」という人も多いんじゃないかなとおもいます。

でも発音さえよくなれば、人前で自信をもって英語を話せるようになりますね。

今回は英語の発音を上達させるコツについて、僕が試してきた方法を、5つのポイントに絞って紹介していきたいとおもいます!

どれも一人で簡単に実践できること、気を付ければいいことなので参考にしていただければ幸いです。また僕が発音について参考にした書籍や、YOUTUBEチャンネルについてもシェアしていこうとおもいます。

英語の発音を上達させるための5つのポイント【実践】

ではさっそく具体的にどうすれば英語の発音を上達させられるか、簡単に実践できる5つのポイントがあるのでシェアしていきます。

1ネイティブの正しい音をじっくり聴く。

まずは、ネイティブの『正しい音』をインプットします。

発音を上手くするには、『正しい音』がわかっていないといけません。

なので、ネイティブの人が喋っている音声をじっくりと聴いてみてください。このときに大切なのは、まず音だけに集中することです。

どんな音が聴こえてくるか、じっくりと耳を傾けてください。

2ネイティブの口元に注目!

では、『正しい音がある程度わかったら、次に気を付けるのが、

『ネイティブの口元』です。

先ほどインプットした『正しい音』をネイティブが話すとき、『ネイティブの口元』がどうなっているのかを注目します。

どれくらい口を開けているのか」、「縦横どちらに口を広げているのか」、「口が開いたときに見える舌はどうなっているのか

それらのポイントをじっくり観察します。今ではYOUTUBEなどで、無料でネイティブの発音している様子が見れる参考動画があるので、見てみるのをおすすめします。

またネイティブの友達やホームステイ先の人たちに、口元の動きを少し見せてもらうのもいいとおもいます!

3口の中の動きはどうなっている?

口元の動きがわかったら、次に理解すべきなのが、

『口の中の動き』です。

つまり、「舌は動かすのか、そのままでいいのか」、「もしくは引っ込めたり、歯の間で少しはさむのか」など、口の中の状態がどうなっているのかをわかっていないといけません。

日本語を喋っている時に、舌がどうなっているのかなんて考えたりはしませんね。でも英語を喋るときは、口の中の動きがまったく違うので、その動きを理解しないといけないのです。

口の中の動きがどうなっているのかを、わかりやすく解説してくれている書籍や動画もあるので、後ほど紹介します。

4なるべく大きく口を動かして発音する

正しい音もわかって、口元や口の中の動きも理解している。

なのに、

「自分の発音はネイティブっぽく聴こえない!」

そんな悩みを持っている方もいらっしゃるかと思います。

僕もなかなか発音がきれいにならずに、変だなあと感じていたときがありました。それにはちゃんとした理由があります。

それは、『まだ口や舌の筋肉が未発達だから』です。

英語と日本語は違う言語なので、先に述べてきた通り、口や舌の動かし方が違います。つまり使っている筋肉が違うんです。

なので、僕が実践した対策は、

『なるべく大きく口を動かす』です。

そうすることによって、普通に発音するときよりも、筋肉を総動員して鍛えることができます。こうすることで、筋肉の発達を促すことができるんです。

日本で生活している僕たちは、英語圏で生活している人に比べて、英語を使える機会が圧倒的に少ないです。ネイティブのように発音できるようになるためには、かなりの時間がかかってしまいます。

なので、発音を練習するときは、大げさにといっていいほど口を大きく動かしてください!そうすると、普通に喋るときの発音がちょうどよく、きれいに聴こえるようになります。

5発音を録音してチェックする

では、最後のポイントです。

5つ目は、『自分の発音を録音して、何度もチェックする』です。

これは本当におすすめできる方法で、発音矯正にとても役立ちます。

少し僕のことをお話しすると、留学した時のことです。「アツは英語うまいね」と言ってくれる日本人の友達がいました。

とても嬉しかったのですが、ある日のプレゼンの講義で、自分の英語を録音で耳にする機会がありました。

すると、「え!?自分で話している時の発音と全然違う!(お世辞にも上手いとは…)」ということに気づいたのです。

それまでは、自分の発音を『客観的に』聴く機会はなかったので、その違いに気づきませんでした。なのでそれからは、発音練習するときだけでも、録音してチェックするようにしました。

みなさんも、もし発音を上達させたければ、『録音してチェックする』ことを行っていくといいとおもいます。自分でうまいと思っていても、実際に他の人が聴いている発音とは少し違うんです。

ほんの少しの手間ですが、発音は格段に良くなります。いまでは、スマートフォンの録音アプリなどで簡単に録音できるので、ぜひ試してください!

おすすめの書籍と動画を紹介

僕が参考にしていた、発音矯正のための書籍と動画について、シェアしていきたいとおもいます。

まず書籍は、

『英語の発音トレーニングBOOK』

です。

この本を3周やりました。この本の良いところは、

  • 口の中の動きがしっかりわかるところ
  • ネイティブ講師の口の動きのDVDが付属されているところ

です。

ポイントの前半3つを、しっかり押さえてくれています。

そして、動画は主にYOUTUBEを利用しました。なかでもおすすめなのが、

『あいうえおフォニックス』

というチャンネルです。

この動画は、口の動きがイラストで描かれていますが、説明が豊富で、イメージがしやすく、とても分かりやすい動画です。

また一つの発音に対して、たくさんの英語を使って教えてくれます。

そして何より、先生のアリー君とファジーちゃんがかわいいです!

また発音だけでなく、フレーズや文法も学べるのでぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

ここまで具体的な方法を話してきましたが、英語の発音を上達させるコツは、一言でいうと

下手でも全然いいから、ネイティブになりきってみる』

です。

当たり前のことになりますが、発音を上達させるために大切なのは、『とにかく発音すること』です。

なので、とにかくたくさん発音の練習をしなければいけません。

でもその練習を阻むのが、

「めっちゃ発音下手くそだ…」

「まわりの人に笑われる。」

「人前では話したくない。」

という思いです。

こんな風に「発音が変だから、恥ずかしくて人前で喋れない。」その気持ちは多くの日本人が持っているとおもいます。

でも、はじめは誰でも発音は変です(笑)!!ネイティブの人たちでさえも、子供の頃の発音はあんまり上手くないです。

でもみんな、間違ってても、変でも、大げさに口を動かして、発音し続けて上手くなります。なので、一人で練習してみて少しでも上手くなったと感じたら、勇気をもって人前で話してみてくださいね!

僕ももっと発音が上手くなれるように、継続していきます! この記事が少しでも役に立ったら、嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

では今日もよい一日をお過ごしください☆